クレジットカードの審査が誰でも落ちるというのは本当?

クレジットカードと各種ローンの違い

各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど影響力を持たないという説もあります。

ただ、最近では転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで以前のクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

最近では、電子チケットの利用増など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みを行うのに申し込みに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出する必要があります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座を入力する際などは情報を間違えることがないようにしましょう。

金融機関に登録した銀行印が必要になります。

よくCMなどで名前を見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードを挙げるのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思います。

実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引情報です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。

クレジットカードについて調べていると時々このような話を聞きます。

それは住宅ローンを組んでいてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報を記録しているので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に通らなかった場合は、申込書に書いてある属性やなどの別の部分を考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。

ネットで買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結果から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜかというとカード会社からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人にありがちなのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

クレジットカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきたという人ときていないという人がいます。

中には、カードを作る際に連絡がきたら嫌な人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の主な特徴としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

クレジットカードとアルバイト

よくコマーシャルなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカを作ろうと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトでは都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカード会社、コースに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

クレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてなにを選択したらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く中には審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から案内されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンやクレジットカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートをして、約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの申込者の属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな判断につながるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、収入が不安定でムラのあるアルバイトなのかを見られています。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では今までの返済履歴のように確認する項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報を入力するケースもあります。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。