クレジットカードの審査って?落ちるはどう?

クレジットカード不安

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場面も増えてきました。

普段からクレカを利用している方はいいのですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査がどうなっているのか、基準は厳しいのかということです。

審査で重要な点としては、安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンを組むことやクレジットカードを作ることなどです。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行った結果、300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが一番知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した年収などの情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引情報です。

勤務先の情報などうっかり入力ミスでも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。

ローンやクレジットカードの審査時に重要なことって何かわかりますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性と答える人もいます。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がいくらくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく払われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

ネットで買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結果から言うと審査なしでカード発行はできません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済が止まっていたことがないかを確認しています。

若い人にありがちなのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

できることなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使って返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく電気料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

就職したらクレジットカードを作ろう

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレジットヒストリーがあるとローン審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレカの支払いだけでなく電気料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

ローンやクレジットカードを申し込む際に大切なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな判断につながるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業なども正社員なら安定継続した収入が見込める、収入が不安定でムラのあるアルバイトなのかを見られています。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入が入ってこないのは同じですが、クレジットカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に通るのは厳しいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に受かることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

夫が正社員として継続して安定した収入があると分かっていれば返済も大丈夫だろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり利用しないということもあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済むとても便利なクレジットカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングで口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

審査でどんな影響を与えるのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

例えば、ローンやクレジットカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところカードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

ただ、申し込むカード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。