今すぐクレジットカード審査で借り入れ!審査は落ちるの?

クレジットカードが作れる職場は

職場の人にあまり知られたくないことといえばどういった場合かというとローンを組むことやクレジットカードを作ることが多いようです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

みなさんがクレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

申し込み時に提出された年収情報は、同じ業界、同じ職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

例えば、家電量販店の30代後半くらいの年収を20代前半でもらっている場合などです。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで以前のクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入がないのは同じですが、クレカを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に通るのは厳しいと言われています。

主婦と書かれている場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として安定した収入があるので返済も行われるだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードに申し込みましょう。

ネットショッピングで便利なのでクレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く審査に通るのが難しいと言われているカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという単語をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでクレジットカードはとても便利ですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。

審査で重要なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

クレジットカード作るには年収が大事

ローンやクレジットカードを申し込む際に大切なことって何かわかりますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫そうなのかを見ています。

職業なども正社員なら安定継続した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

職場の人にあまり知られたくないことといえばローンを組むことやクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

ショッピングをするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行は可能なの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると年収などを見ていくらまで貸せるか、前に返済が止まっていたことがないかを確認しています。

若い人にありがちなのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

買い物をした際に現金の持ち合わせがないときやネットでの買い物時など利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いしかできない場合もあります。

そんな時に、クレカを持っていない場合、諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

WEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していればイオン銀行の店頭やクレジットカウンターでその日のうちに受け取れます。

クレジットカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に在籍連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申し込みに対して、人力でチェックすることができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場合が増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査基準が厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面は年収からいくらまで貸せるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。