ETCカードで年会費無料って今何が人気なの?

ここ数年でよく決まったオフィスを持たないノマドワーカーという言葉を聞くことが増えました。

中には独立して個人事業主として活動する人も増えています。

個人事業主の方は経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

特に計上回数が多くなりがちな交通費は毎回領収書を出して保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号口座・法人口座からまとめて引き落として経費参入しておきたいですよね。

車で高速道路を通行する時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと同じ流れとなり法人用のビジネスクレジットカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、ビジネス用クレジットカード発行は独立したばかりでは審査に通りにくいようです。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことはありませんか?学生にクレカはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生はクレカ申込時の審査において優遇されているので社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、審査が優遇される以外にも学生限定カードだとポイント還元率のアップやある年齢(例えば26歳)まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車に乗られる方はETCカードの申し込みも同時に申請しておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社が審査時に利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

自動車免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用はできますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードを申請する際の利用規約に本人以外の利用が禁じられていると書かれているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人1人のみに対してカード会社が信用しているからこそ成り立っています。

たとえ家族だとしても名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを持っていると思います。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

サブクレカを申し込む時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けにどういった面を見てカード会社を選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよく買い物をされる・よく車を利用するという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

このようにポイント還元率やライフスタイルから自分に合ったカードを探してみてください。

進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

カードの入手方法としては大きく分けて2種類があります。

各クレジット会社から発行しているクレカタイプとネクスコなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

参照:http://www.letteringguru.com/ranking/freefee.html

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

1、2年ほど前からキャンピングカーを借りて旅行するのが人気なようです。

車で旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードを使おうと思う方多いと思いますがレンタカーでのETC利用自体は車載器に挿せば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスでは本人確認を行うために登録情報として「ETCカード番号」、「ETCを利用した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への電話するなどして確認してください。

各レンタカー会社に確認しないとわからない項目もあるので注意してください。

1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べてスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネット上を見てみると多くの人が同じ疑問を持っていたようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速に乗る段階になって挿入し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても使い道が限られているから気にしない」という意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたら挿入時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

悪用されにくいとはいえなるべくカードを使うときだけ入れて使わない時は抜く習慣をつけましょう。

自動車免許を取って友達と車で遠出をする際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときでもETCレーンなら比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレカを申し込む必要があり、クレジットカードをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとにポイント還元率や年会費の有無など違いがあるので自分の利用状況に合うカードを探してみてください。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前高速を利用しようと思ったら財布の中からETCカードが見つからなかったんです。

どうやらどこかで落としてしまったようです。

トラブル時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

ネットでどうしたらいいか調べ、カード会社に連絡をしたところ紛失盗難デスクに電話をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから半月かからないうちに新しいカードが届きました。

このように急なトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

高速道路の利用料金が自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

「ETCカードを使って給油はできますか?」という質問です。

結論を言うと、基本的にはできません。

「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

出光やコスモ石油をはじめとしたガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

一体型カードは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中に休憩をしようと一度車載器から抜かなければ使えないという部分が少し面倒に感じる方もいます。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですが様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。

発行手数料、年会費が無料に設定されているのがライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や対応している国際ブランドがVISAやJCBなどの有名なブランドから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのはクレカの年会費無料の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費が発生するのが気になるという方もいると思いますが楽天カードは基本的にポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。